肌荒れの最近のブログ記事

ニキビに悩むようになったのはまさに思春期真っ盛りの、中学生の時でした。突然おでこに小さなプツプツができて、だんだんと広がり、ほっぺやあごまで広がるようになりました。当時の私は、思春期でありながら、洗顔の大事さに気づいておらず、朝起きてそのまま学校に行くようなだらしのない人間でした。

周りの女子たちもニキビ顔の子が多く、そこまで気にして過ごしてはいなかったのですが、だんだんと成長するにつれて自分の顔の異常さに気づき始めました。

高校生になり、化粧を覚えたのですが、隠すことにばかり気持ちがいって、ファンデーションを厚く重ねたりなど、肌がドンドンと悪い状態になっていきました。

勿論このときも、スキンケアについて正しい情報も得ることなく、洗顔や化粧水についても適当にしていたのでした。

高校を卒業するくらいのときになり、やっとスキンケアの大事さを知りました。メイク落としや洗顔をきちんとするようになり、化粧水もニキビ対応のものに変え、社会人となってからはあまりニキビができることは少なくなりました。

しかし、最近妊娠・出産を経てからというもの、またしてもおでこのニキビが表れ始め、スキンケアに取り組んでもなかなか消えることがなくなってしまいました。

出産で体質が変わるとはよく聞きますが、ニキビがまたできるようになるとは思いもしませんでした。

未だにどうしたら改善ができるのか、治癒ができるのか悩んでおりますが、毎日子育てと仕事で疲れ果てているせいで自分のことは後回しになるばかり。

簡単で安く治療ができればいいのになぁと、思っております。参考サイト:歯が汚い女

社会人になってすぐに、大人ニキビを経験しました。

それまでは、中学生くらいの時に思春期ニキビを少し気にしていたくらいで、高校生くらいで知らないうちに気にならなくなってからは特にニキビとは無縁の生活でした。

社会人になって2ヶ月が経った頃、先輩の急な異動により、その先輩の業務を新人の私が担当することになりました。

身の丈に合わない業務に毎日苦戦していました。

それだけならまだよかったのですが、更衣室で毎日聞かされる同期の愚痴は、私のストレスを限界まで高めたようです。

気がつくと、思春期の時のようなニキビが顔中に出来始めました。

皮膚科に通ったり、化粧品を変えてみたり、色々試しましたがなかなか治りませんでした。

もともと肌の色は白い方なのですが、ニキビのせいで顔全体が赤っぽくなり、なによりもお化粧しても隠しきれないことがとても辛かったです。

久々に会う、高校や大学の友達などからは、とても心配されました。

そんな日々が1年ほど続いたある日、愚痴を言う同期が異動になったのです。

すると、みるみるうちにニキビは治っていき、3ヶ月経った頃にはほとんど目立たないくらいになりました。

今までストレスが身体に出たことなんてなかったので、相当負担だったのだな、と、自分でも驚きでした。

その時のニキビ跡は今でもまだ少し残っていますが、お化粧をすればほとんど目立たないくらいになったので、本当によかったと思っています。

ストレスニキビ、もう体験したくない思い出です。参考サイト:目元ヒアルロン酸

思春期の頃からずっとニキビに悩まされています。

顔面ニキビ面でいたるところに白いニキビが出来るので

自分で見ても気持ち悪く、色んなニキビ薬を試しました。

しかし、どの製品もそんなに効果はなく。

一時マシになってもすぐに増えていきました。

皮膚科にも通っていましたが、イマイチ効果が出ず。

年をとってくるとそれなりに落ち着いては来ましたが、

それでも綺麗な肌とはほど遠いものでした。

年を取ってくると白いニキビから赤いニキビが増えていき、一つ一つが大きくて一つ治るのに数ヵ月もかかりました。

ニキビ跡まみれで顔面は常に赤ら顔。目元ヒアルロン酸

ひどい時は首までニキビが出来る状態でした。

そんな時、たまたま使った化粧水がバッチリと肌に合い

この数年どんだけ頑張っても治らなかったニキビがあっという間になくなり、

肌も綺麗になりました。

とても嬉しくて、少し高いですが今でもその化粧水を使っています。

しかし、顔は良くなったのですが、

首や背中に出来たニキビはいまだに治りません。

腕なんかにもたまに出来ます。

背中もブツブツで水着なんて着れる状態ではなく、

保湿剤を変えてみたり、ボディソープを変えてみたりと色々試してはいるのですが、

なかなか効果があるものに出会う事が出来ません。

とてもかゆくてかきむしってしまい、血が出る事も度々あります。

まだまだニキビとさよなら出来そうにはありません。

日々効果的なものをネットなどで探す生活が続いています。

早く綺麗な体になりたいです。

生理前になるととてもニキビが増えて毎回嫌になってしまいます。ホルモンバランスの関係で肌が荒れてしまって、どうしても気になってしまいます。また生理でないときも、ストレスでとくにほっぺのあたりにすごくできてしまいます。一回できるとなかなか治らないし、場所によっては、本当に目立ってしまいます。

一番ニキビができて嫌な場所は鼻です。本当にたまにしかできることはありませんが、鼻にできると痛いし、とても赤くなってしまいます。鼻のニキビはなぜできるのかわかりませんが、どうしても気になってしまって触ってしまうことがあります。ニキビは触ると手のばい菌でどんどん大きくなってしまいます。鼻のニキビを触って大きくなってしまったときは本当に最悪でした。色が薄くなって治るのもかなりの期間かかってしまいました。化粧をする上でもメイクで隠すのもなかなか大変です。ボコボコした部分はやっぱりカバーするのは結構大変でした。赤みはファンデーションでなんとかなりますが、ボコボコした部分は隠すことができませんでした。

ニキビができたては私の場合は痒くなります。そこでかいてしまって大きくなるというパターンが多いと思います。なんかかゆいと思い、かいていると触っていることになるので大きくなってしまいました。最近は化粧を薄くしたいと思っていて、今はニキビができたときは触らないようにして、すぐに薬を塗るようにしています。薬を塗ることで悪化を防ぐことができるし、肌にもいいことがわかりました。